原子力発電

日商など4 団体 政府・与党に要望 中小企業の成長と地域再生 骨太方針に明示を

日本商工会議所、全国商工会連合会、全国中小企業団体中央会、全国商店街振興組合連合会の中小企業関係4団体は5月28日、「中小企業の成長と地域の...

女川原発 再稼働へ対策進む 視察受け入れに意欲

政府の電力需給検証小委員会の委員を務める清水宏和中小企業政策専門委員(清水印刷紙工株式会社代表取締役社長)は5月12日、宮城県女川町の東北電力...

原発審査の加速求める 経済3団体緊急提言 電力安定 最優先に

日本商工会議所は5月28日、日本経済団体連合会、経済同友会と3団体連名で「エネルギー問題に関する緊急提言」を取りまとめ、発表した。日商など3団...

おすすめ書籍 電力と震災 東北「復興」電力物語/しなやかな日本列島のつくりかた

町田徹/藻谷浩介

電力と震災 東北「復興」電力物語 町田徹著 3・11から3年。史上最悪の事故を起こした東京電力の福島第一原子力発電所と、より震源に近い場所に立...

厳しさ続く今夏の電力需給 供給予備率は4・6% 老朽火力依存 綱渡り続く

政府は4月30日、電力需給検証小委員会の報告書を取りまとめた。夏のピーク時の供給予備率は全国平均で4・6%と引き続き厳しい状況。政府はこの報告を...

ベストミックス 今後の課題に 基本計画を閣議決定 責任あるエネルギー政策実現を 「福島再生」が出発点

政府は4月11日、新「エネルギー基本計画」を閣議決定した。新計画では、震災前に描いてきたエネルギー戦略は白紙から見直し、原発依存を可能な限り...

会頭コメント 会議所ニュース2014年4月21日号

これまで日豪経済委員会として、2002年以来、日豪EPA締結に向けて活動してきた。万感の思いを込め、日豪EPAの大筋合意を大いに歓迎する。両国首脳...

特別寄稿 避難解消阻む年間1mSvの呪縛 原発事故、早期帰還と生活再建のために

求められる常識的、直観的理解 2020年オリンピックの東京での開催が決まった。今から6年後である。震災3年目の記者会見で安倍総理は「2020年東京...

真壁昭夫の経済底流を読み解く 懸念される経常収支の黒字激減 企業の競争力を回復させる環境づくりが必要

真壁昭夫

2月10日に、財務省が昨年12月の国際収支(速報)を発表した。このうち、経常収支は過去最大の6386億円の赤字となり、単月ベースの赤字は3カ月連続...

短期の電力需給とコストが重要 エネルギー新計画に意見

日本商工会議所は昨年12月26日、「新しい『エネルギー基本計画』策定に向けた意見」を取りまとめ、公表した。同意見では、まず、新エネルギー計画...

情熱ぴーぷる 第12回女性起業家大賞・最優秀賞(日本商工会議所会頭賞)

株式会社クリフ

起業のきっかけは、離婚し、子ども2人を抱えて職を探していましたが、なかなか見つからなかったことです。そこで、自分で起業することにしたのです...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする