日商 Assist Biz

更新

現代に息づく職人技 「BIRDY.」

カクテルの素材がスムーズに混ざり合い、氷の溶け出しも少ないため、プロのバーテンダーからも大きな支持を得ています 撮影:加藤正博

今月は、素材の香りを引き立て、まろやかな口当たりを生み出すカクテルシェーカーをご紹介します。

自動車部品などの金属プレス部品加工を主に手掛けてきた横山興業は平成22年、タイへ工場進出を果たします。しかし、技術を教えれば誰にでもつくれるという現実に危機感を抱き、世界に通用するものづくりに挑戦することを決めました。

そこで同社は「金型の磨き技術と金属」をテーマに、ニッチ分野へと焦点を絞った結果、カクテルシェーカーの開発に着手。内側表面に自動車部品の金型に用いる研磨技術を応用し、精密な凹凸をつくり、素材本来の繊細な風味を引き出すことに成功しました。設計、プレス成型、外観の研磨はそれぞれを得意とする外部のメーカーやデザイナーに協力を求め、互いの良さを結集させて出来上がった逸品です。

「テーブルウエアなど一般向けの商品も展開したい」と話す企画室室長の横山哲也さん。今後も企画・開発に一層の力を注いでいきます。

次の記事

香川県うちわ協同組合連合会(香川県丸亀市)

今月は、全国のうちわ生産量の約9割を占める、丸亀うちわをご紹介します。

前の記事

弘前こぎん研究所(青森県弘前市)

今月は、津軽地方で生まれた幾何学模様の刺しゅう、「こぎん刺し」のくるみボタンをご紹介します。

関連記事

久慈琥珀(岩手県久慈市)

今月は、久慈市の特産品である赤みの強い琥珀(こはく)を用いたボールペンをご紹介します。

中村製作所(三重県四日市市)

チタンを丁寧に削り出してつくられた「印鑑」をご紹介します。

讃岐かがり手まり保存会(香川県高松市)

香川県の西部・西讃(せいさん)地方に伝わる郷土玩具、草木染めの「讃岐かがり手まり」をご紹介します。