日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 なぜ、あの企業は元気なのか? 「夢のある会社」に人は集まる!

事例2 「ふくしまで笑おう」をビジョンに楽しく人材の育成を進める

アポロガス(福島県福島市)

自社所有の太陽光パネル8640枚が並ぶ「ふくしまさいえねパーク」。再生エネルギー学習施設として見学者も多い

ガスや電気などのエネルギー関連事業を手掛けるアポログループは、「ふくしまで笑おう」を創立100周年まで共有するビジョンに掲げている。暮らしのインフラを供給するだけではなく、そこで暮らす人たちが明るく元気に過ごせるようにしたい。そんな〝元気エネルギー供給企業〟として社内外にユニークな輪を広げている。

「三ツ星駅前食堂」のような存在を目指す

アポロガスが展開する事業は多彩だ。社名にあるガスを筆頭に、電気や水道などのライフラインの供給のほか、太陽光発電システムや水素ステーション、新電力など再生エネルギーにも力を入れている。さらに光通信、新築やリフォームまで手掛けるなど、暮らし全体をサポートできるのが、他社にない強みだ。

「ガス、電気、リフォーム……、どの事業も競合他社がいますし、東日本大震災のあった福島は、人口減少が急速に進んでいます。新規顧客の獲得ではなく、出会えたお客さまをいかに大切にしていくかが課題です。プロパンガスの供給をきっかけに、リフォームの相談を受けたり、太陽光発電を設置したりするなど、多角的にサポートしていくことに注力しています」

そう語るのは今年5月20日に代表取締役に就任した相良元章さんだ。暮らしのインフラにおいて「アポロに電話すれば大丈夫」という発想を地元に定着させたい。そのためには、社員に会社の進む道を分かりやく伝え、共有する必要があると、こう言い換えた。

「三ツ星駅前食堂」。和洋中とメニューが豊富で、ボリューム満点、おなかが空いたら気軽に立ち寄れる敷居の低さ、それでいて〝三ツ星〟を冠する質の高さを誇る。そんな食堂のようなスタンスを確立したいというのだ。

「一流シェフが腕を振るい、接客サービスも素晴らしい。そんな食堂のスタッフは、なんでもこなせる高いスキルが必要です。そのためには人材育成が肝であり、その足掛かりにつくったのがこれです」 そう言って、見せてくれたのが社員手帳だ。手帳後半の経営理念をまとめたページは文字だらけではなく、ポップなイラストが大きく、文字は必要最小限というカジュアルなデザインで、ウイットに富んでいる。

「2015年にデザインを一新してから、愛用する社員が急増しました」とほほ笑む。

新入社員は一人残らずラジオ局のDJになる

人材育成を進めるにあたり、経営理念も一新した。福島の明るい未来を目指し、地域に貢献できる社員を育成するため、「ふくしまで笑おう」を掲げた。仕事の現場でも判断に迷った時の指針として「それって笑える? それって楽しい?」「それって夢ある? 夢与えられる?」など六つの「アポロジャッジ」を定めた。

「笑いの戦略」「笑いのコミットメント」など、ビジネスモデルを平易な言葉で、図解して楽しく伝える。ビジョンという名の会社の夢を社員が共有するのに、手帳は最適なツールというわけだ。

そして社員研修も実にユニークだ。「当初は社員がドン引きしました」と苦笑するのが、新入社員研修の一環として地元のFMラジオのDJを務めるというもの。週1回10分枠の番組を1年間担当する。

「人と話すのが苦手な社員ほど、苦痛以外の何ものでもありません。でも、成長が著しいのもそういう社員です。ラジオ局の方も熱心で、社会人としてのマナーを教えてくれたり、社員の相談相手になってくれたり。ラジオ局からオファーがあってから10年、社員が1年で大きく成長する姿を目の当たりにしてきました」

新入社員だけではなく、全社員を対象にした「アポロ大学」という名の研修もある。これも堅苦しい講座ではなく、立ち居振る舞いやコミュニケーション術、地元の蔵元を招いての日本酒講座など、楽しく学べるカリキュラムが並ぶ。

国内外の企業を〝勝手に〟表彰しよう

このアポロ大学から派生して、4年前から社員がざわついた取り組みが始まった。「アポロアワード」だ。これは国内外のユニークな取り組みをしている企業を〝勝手に〟選んで、〝勝手に〟表彰するというもの。ユニークなユニホーム、CM、社内ルール、社員研修の4部門があり、社員はチーム単位で部門に合致する企業を調べ、社内でプレゼンにかけ、各部門でグランプリに輝いた企業に、トロフィーを携えて訪問する。

「連絡を受けた企業からしたら、怪しい以外の何ものでもありません。取引があるわけでもない企業から、エントリーもしていないのに受賞したと言われるわけですから」と笑う相良さん。だが、このアワードで得た知識や経験を社内にフィードバックすることが真の狙いだ。異業種の企業を知ることで視野が広がり、プレゼン力、アポイント力、自主性が鍛えられる。チーム単位で取り組むため、自ずとチームワークやコミュニケーション力も高まるなど、社員一人一人の経験値は格段に上がる。

また、社内でも社員らが「ありがとう」と伝えたい社員に投票し、表彰する評価制度など、数値化されにくい社員の心掛けにも光を当てる。

「こうした取り組みが、業績の数値にはまだ反映されていませんが、社内間の交流は密になりました。人事制度も、給与やボーナス、退職金の見直しを始めたところです」と相良さん。

ガスや電気などのエネルギーは、他社と「質」そのものに差異がなく、価格競争は熾烈だ。だが、同社は人と人との〝縁〟に力点を置き、お客さまの立場になって提案できる人材が育っている。同社のファンを増やすブランド戦略や社会貢献など、地元が明るくなる話題を振りまき続ける。

会社データ

社名:株式会社アポロガス

所在地:福島県福島市飯坂町字八景6-17

電話:024-542-1122

代表者:相良元章 代表取締役 CEO

従業員:約80人(グループ全体)

HP:http://www.apollogas.co.jp/

※月刊石垣2019年7月号に掲載された記事です。

次の記事

八千代工業株式会社/株式会社フォーバル/大和産業株式会社/株式会社今仙技術研究所

いよいよ来年に迫ってきた2020年東京オリンピック・パラリンピック。過去の大会以上にパラリンピックにも注目が集まっている。そこで、20年に開催する東京オリ・パラを1年後に…

前の記事

一般社団法人日本ほめる達人協会/大東自動車株式会社

「働き方改革」というと、少し大上段に構えてしまうかもしれない。しかし、日常的に“ほめる”を実践すると、笑顔が増え、人間関係も良好になり、会社の業績も劇的に変わる。社内…

関連記事

西光エンジニアリング株式会社

BCP(事業存続計画)本来の意味は、企業を存続させて、雇用と顧客を守るということである。自然災害の多いわが国の場合は、BCPについて、災害から社員や社屋・施設を守る防災計…

釧路駅西商店街振興組合/中町商店街振興組合

人口流出や郊外型の大型ショッピング施設などに押されて、苦境に追い込まれている地方の商店街も多い。しかし、そのまちの特色や地域の名産を生かし、見事に復活した商店街もあ…

株式会社WORK SMILE LABO/株式会社岡部

日本をはじめ世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス禍によって、大小を問わず‶職場閉鎖〟の危機に見舞われた企業も多い。そこで、職場内の感染予防とBCP(事業継続計画…