日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 女性起業家 成功への道筋

事例1 「地域の元気づくり」を合言葉に女性農家らが直売所を独自経営

陽気な母さんの店(秋田県大館市)

秋田県の中でも歴史ある温泉郷の一つ、大滝温泉(大館市)。江戸時代から続く名湯だが、今や温泉以上に全国に名を轟かせる店がある。体験交流型直売所「陽気な母さんの店」だ。女性農業者88人が公的資金を使わずに自力で開業し、今や年間販売総額2億3000万円に上る。

オレンジのエプロンを身にまとう“母さん”たちは、ほとんどが農業従事者で食材のことから調理法、食べ方などいろいろアドバイスしてくれるのも魅力だ

女性88人よりも男性一人の判の重み

国道103号――青森市から十和田湖を経て大館市を結ぶ幹線道路の沿道に「陽気な母さんの店」はある。約300坪の敷地に、約110坪の直売所と24坪の体験工房を構え、広い駐車場には買い物客の車の出入りが絶えない。

「野菜や果物などの生鮮食品は鮮度を大切にしています。うちのは朝採れです。そのために、あえてオープンは9時と他の直売所より遅めにしています」

そう言いながら代表取締役の石垣一子さんは、他の従業員と同じエプロン姿で颯爽(さっそう)と現れた。平成13年4月の直売所開設に尽力した一人で、代表取締役社長として60人以上の女性農業者を束ねる〝トップ・オブ・母さん〟だ。

直売所では、地元の農産物や加工食品のほか、併設の食堂では地元の中山手打ちそばなどを提供。離れの体験工房では、きりたんぽづくりやそば打ちなどの体験教室を開催する。季節によっては田植えや果物狩りなどの農業体験の受け入れも行い、修学旅行や団体旅行の立ち寄りスポットとしても好評だ。単なる直売所ではなく、交流の場や地域の情報発信の拠点として、話題性のある店として常に注目を集めている。

また、大館市ふるさと納税の特産品の提供や全国発送の野菜宅配便も行っている。今や地元や観光客だけでなく、全国規模でファンを増やしている。

「立ち上げ当初は本当に大変でした。この地域では女性の起業は当時珍しく、公的資金3億円が助成される話も、個人経営の直売所をはじめとした多数の反対意見で流れてしまいました。連帯保証人に女性88人の判を押しても、男性の判がないと融資さえしてもらえませんでした」と、当時を振り返る石垣さんの表情は曇る。

助成金なし、融資なし〝自腹〟で直売所を開設

もともと直売所を開設する以前も、女性農業者が集って朝市やビニールハウス前で農産物などの販売を行っていた。その活動を通して地域貢献、農村活性化の手応えを感じ、「常設の直売所があれば」という意識が高まっていく。ボランティア団体の大館市生活研究グループを推進母体に、女性農業者88人が賛同して直売所設置運動は広まっていった。これが陽気な母さんの店株式会社の前身である陽気な母さんの店友の会の始まり、平成12年のことだ。初代会長の田山雪江さんはその当時を振り返る。

「地元で話し合いの場をもっても、東北エリアに甚大な被害を与えた台風19号で手一杯だ。そう言って全く聞く耳を持ってもらえませんでした。市に予算をつけてもらって県内の直売所の成功例をいくつも一緒に視察しましたが、男性の方々は誰も首を縦に振りません。市議会に女性100人の直売所設置の要望をあげても男性7人の反対意見が通る。女性が起業する難しさを痛感することの連続でした」

公的資金なし、金融機関の融資もなしの状況で、田山さんを中心に、会員の出資金と販売手数料による独立採算での経営を模索する日々が続いた。やがて市や県の議会、市役所の職員から一人、また一人と男性の賛同者も現れて開設の助言をもらうようになり、建設会社の資材置き場の年間540万円15年間リース契約にこぎつける。そして、平成13年4月に直売所オープンを果たしたのだ。

「計算すると年間8000万円の売り上げがないと経営が苦しく、初年度の売り上げ目標は1億円と定めました。これをなんとか達成できたのは、友の会の会員一人ひとりが経営者意識をもって団結したことにあります」(田山さん)

初年度の総売上額は1億1000万円。翌年は1億4000万円と順調に売り上げを伸ばし、27年の返済完了まで、一度も施設リース料を滞納することなく、快進撃を続けていく。

「『100円、200円のものを売って1億円稼げるわけがない』と周囲は冷やかでした。でも、一日、一人単位で販売計画を綿密に立て、一月、年単位の売上目標を掲げ、仲良しグループではなく、組織だった経営に取り組みました」と田山さん。中でも功を奏したのが組織図を作成し、「一人一役」の役割分担を徹底したことにある。これが田山さんの言う「一人ひとりが経営者」と直結し、役員会議だけではなく、会員全員会議を月一回ペースで開いては売り上げの報告や意見交換を密に行った。

直売所の枠を越えて異業種と連携を図る

また、事業内容を販売だけではなく、食堂や体験、宅配と多角的に展開したことが功を奏す。

「15年には体験教室、出張販売も始めました。体験教室はきりたんぽづくりが人気で、多いときは200人が集まります。体験メニューも充実させて年間200回以上は開催しています。商店街活性化の一環で始めた出張販売も、地域の要望で今では15坪ほどの店舗を構えて年間3000万〜4000万円の売り上げです。学校給食の食材供給も、大館市の農林課や教育委員会に提案し、地産地消や地元食材でおいしさを子どもたちに伝える目的で取り組んでいます」

こうした取り組みが16年、全国商工会議所女性会連合会による「第3回女性起業家大賞」の最優秀賞を受賞した。さらに22年には、官民連携で「大館まるごと体験推進協議会」を立ち上げ、地域の活性化を目指す。

新たな企画を生み、行動し、広げていく。そんな〝母さん〟たちの存在そのものが、今や地域の名物であり、かけがえのない原動力となっている。

「第3回女性起業家大賞」最優秀賞受賞

社名:陽気な母さんの店 株式会社

所在地:秋田県大館市曲田字家ノ後97

電話:0186-52-3800

HP:http://yoki-kasan.com/

代表者:石垣一子 代表取締役

従業員:64人

※月刊石垣2017年4月号に掲載された記事です。

次の記事

テーマ別企業事例 部下の人生を応援し業績を上げるニューリーダー像は〝イクボス〟だ

株式会社山豊/拓新産業株式会社

育児をする父親を指すイクメンという言葉がある。昨今、耳にするイクボスとは育児をするボスのことかといえば、さにあらず。イクボスはまず企業経...

前の記事

テーマ別企業事例 震災から6年、進む連携 復興・共創へ 被災地域の決断

岩手県商工会議所連合会/盛岡商工会議所/久慈商工会議所/共和水産株式会社/宝来館/株式会社キャッセン大船渡/一関商工会議所/熊本商工会議所/別府商工会議所

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から6年がたった。各地の完全復興までの道のりはまだ遠いが、確実に歩みを進めている。人口減少、販路回復や...

関連記事

テーマ別企業事例 多彩な取り組みで地方創生を進める 「徳島県モデル」に迫る!

阿波池田商工会議所

2020年に初めて、東京からの転出者が転入者を超えた。働き方改革がある程度浸透したことに加え、昨年来のコロナ禍の影響で企業のテレワーク導入な...

テーマ別企業事例 地域の力を結集してコロナなんかで倒れない! 稼げる農商工連携で逆境を乗り切る

小野食品株式会社/株式会社森本研究所/株式会社ヤマミ醸造/株式会社マルヤナギ小倉屋

長引くコロナ禍の影響により、事業継続や雇用維持などの面で極めて厳しい経営環境に置かれている中小企業が増えている。今こそ、自社が培ってきた...

テーマ別企業事例 逆境に強くなる! 着眼点と技術力で業績を伸ばす

有限会社TGテクニカ/有限会社北陸ベンディング/富士高砂酒造株式会社/株式会社タテイシ広美社

コロナ禍という未曽有の逆境に必死に耐えている中小企業は多い。しかし、このピンチに対して耐えるだけではなく、チャンスに変えようと奮闘してい...