テーマ別企業事例 業績を上げる女性経営者の視点

事例3 チャレンジ精神が生んだ災害対応型トイレ

ダイドウ(高知県高知市)

昭和46年に高知県高知市で創業したダイドウ(当時は宮尻工業所)。主力事業は管工、水道施設、土木、熱絶縁工事だ。そんなダイドウが東日本大震災を機に循環式水洗トイレ「リサイくるん」を開発、製品化に成功した。建設現場という男の世界で評価を高めた女性経営者ならではの経営の心得とトイレを第二の事業とした理由を聞いた。

ダイドウの宮尻千恵子社長は「建築の世界でもいずれ女性が多く働くようになる」と予想している。後輩経営者に対しては「小切手を切ってはだめ」とアドバイス。小切手を切るときは見えを張って無理をしていることが多いからだと言う

化粧では決して「やる気」はつくれない

ダイドウ社長の宮尻千恵子さんが高知市を第二の創業の地と決めたのは、周囲の人との縁によるものだ。「当社は以前大阪にありました。高知に移るきっかけはまだ会社が大阪にあった時代、高知市内にある四国銀行本店の事務センターの工事を請け負ったことです。仕事を紹介してくださった大阪断熱の社長さんの勧めもあって高知への移転を考えはじめました」

海のない長野県生まれの宮尻さんにとって高知は魅力的に映った。「人々のおおらかな気質はもちろん冬でも温暖で、すぐ近くに海もある。住んでみたいと思いました。ただ住んでみると土佐弁はけんか言葉のようでしたね(笑)」

宮尻さんはすぐに土佐弁を操るようになり、建設業という男の世界で頭角を現す。しかし、不渡りをつかんで辛酸をなめた時期もあったという。「天が修業のチャンスを与えてくれた、ありがたいと前向きに考えるようにしました。それに私は負けず嫌い。他人に借りをつくったまま逃げるのはいやだった。どんなに苦しくてもお金はきちんと返していった。それが信用を築くことにつながりました」と振り返る。融資を渋る金融機関相手に「目先の数字ではなく、私の目を見てやる気、体力を評価してください」と交渉したことすらあったそうだ。

「やる気という気は化粧ではつくれません。スーツで着飾ることもせず、作業服を着たありのままの自分を見てもらった。ただ経営内容については即座に正確に答えられるような準備をしておきました」

香美市の奥物部(おくものべ)湖では毎年8月、花火大会が開催される。ダイドウはここの配管の工事を担当していた。「ダム湖なので湖畔を渡る配管があるのですが、それが花火の光で浮き出てしまう。せっかくの雰囲気が台無しです。そこでそれが目立たないよう仕上げに若草色のシートで巻いてカムフラージュする作業を追加しました」

こうした心配りや高所作業の危険を抑える工夫など丁寧できめ細かな仕事が評判となり、事業は徐々に拡大。女性経営者の「やる気」が業務に結実していった。

「うちでやるしかない」と決意

平成7年、阪神淡路大震災が起こる。被災地ではトイレの不足が問題になっていた。「特に女性は難儀しているだろう、なんとかならないか」と思い、日々の仕事をしながら、トイレの汚物処理に関する知識を蓄えていった。宮尻さんの「やる気」にスイッチが入った。

そして、東日本大震災が発生する。宮尻さんは水道関連事業者のグループで宮城県の被災地を視察。その際、ライフラインが止まって水洗トイレの水が出ないため、汚物があふれているという避難所の厳しい状況を聞いたのだ。

決断は早かった。「高知県では南海トラフ地震の脅威が迫っている。企業規模の大小も男も女も関係ない。もううちでやるしかない」と覚悟を決めた。持ち前のチャレンジ精神に火が付いた。幸い息子で専務の宮尻徳輝(のりてる)さんが学生時代、微生物などを使って汚物を浄化する水循環式トイレの構造を学んでいた。こうしてダイドウは災害時に使えるトイレの開発に本格的に取り組み始めた。しかし、それは決して楽なものではなかった。

「小さな会社なので従来と同じ量の仕事をこなしながら開発を進めることは難しい。そこで大きな仕事を受注した時は信頼できる会社に協力してもらいました。このころは売上高は増えても利益は全く得られなかった。支援はいろいろありましたが、開発費が足りなかったので私の年金までつぎ込みました」(宮尻さん)

23年11月に高知農業高校に実証実験用のトイレを設置。汚物処理層の容量や紙詰まりを起こさない構造、微生物の種類や量などの「最適解」を模索した。そして25年2月、ついに循環式水洗トイレ「リサイくるん」の発売にこぎ着ける。「リサイくるん」は「埋設型」と「コンパクト型」の2種類。埋設型「リサイくるん」は公園などの公衆トイレの浄化システムとして使える。コンパクト型「リサイくるん」はイベント会場や工事現場などに置く仮設の個室型トイレに組み込みが可能だ。これらは各方面から高い評価を獲得。この結果、ダイドウは、「2014四国産業技術大賞革新技術賞優秀賞」「2015がんばる中小企業・小規模事業者300社」にも選ばれている。現在は年間5台規模で埋設型を主に生産しているが、今後はコンパクト型に力を入れて年間10〜20台規模まで高める計画だという。

多忙を極める宮尻さんだが、坂本龍馬財団評議員、龍馬研究会理事といった坂本龍馬関連の活動にも力を入れている。

「これは高知に根を下ろした自分と龍馬さんの誕生日が同じという縁によるもの。彼の生き方から勇気を与えられました。また活動を通じて素晴らしい人たちと知り合うこともできた。仕事の人脈、仕事外の人脈、そのどちらも私の大切な財産なのです」

仕事に向き合う姿勢、細部まで行き届いた心配り、そして新分野への進出と宮尻さんの挑戦は続く。高知という地に根を張り、人脈を広げることで、さらなる成功の機会をつかもうとしている。

会社データ

社名:株式会社ダイドウ

所在地:高知県高知市加賀野井2-21-7

電話:088-872-8924

代表者:宮尻 千恵子 代表取締役社長

従業員:8人

※月刊石垣2015年12月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

テーマ別企業事例 〝地方創生〟で地域は変わるか?

霧島酒造株式会社/近江八幡商工会議所/SUSANOO事務局/株式会社花巻家守舎

政府の掲げる最重要政策の一つとして大きな期待を集めている「地方創生」。この実現に向けて、商工会議所や地域の中核企業が動き出している。少し...

前の記事

テーマ別企業事例 今こそ考えたい事業承継

株式会社中農製作所/清川メッキ工業株式会社/司ゴム電材株式会社

将来の事業存続に課題や悩みを抱えている企業は非常に多い。特に親族に後継者がいない中小企業の悩みは深い。承継問題を先送りすることは、取引先...

関連記事

テーマ別企業事例 逆境だからこそ学びたい 女性社長の〝こだわり〟経営術 プポン

新潟県三条市

ヨーロッパを中心とした100ブランド以上の子ども服を扱うセレクトショップ「POUPONS」。社長の佐藤美奈さんはオープン以来、常にお客さまの好みに...

テーマ別企業事例 逆境だからこそ学びたい 女性社長の〝こだわり〟経営術 ドムドムフードサービス

神奈川県厚木市

2020年に創業50周年を迎えたドムドムハンバーガーは、日本初のハンバーガーチェーンだ。だが、1990年代には全国に400軒近くあった店舗も現在は30を...

テーマ別企業事例 逆境だからこそ学びたい 女性社長の〝こだわり〟経営術 共和産業株式会社

群馬県高崎市

製造業の女性従事者比率は中小企業では42・5%と大企業の22・9%より高い(経済産業省調べ)。だがその多くが衣服や繊維関連で、精密機械加工分野では...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする