日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 社員も会社も元気になる「健康経営」宣言!

事例4 観光×健康で新産業を創出癒やしとアンチエイジング促進

蒲郡商工会議所(愛知県蒲郡市)

2カ月に1回ペースでヘルシーメニューの昼食会を開き、職員間の交流の活性化や食育も促進

蒲郡商工会議所も「健康経営優良法人2017」に認定された先駆者だ。平成17年にはすでに「癒しとアンチエイジングの郷」推進協議会を設立し、28年には「蒲郡INNOVATION HUBを目指して」という長期ビジョンを掲げ、「働く人の健康づくりの推進」「アンチエイジングサービス事業化の促進」に取り組んでいる。

地域ブランドの鍵となる健康サービス産業

「生産性革命、働き方改革といっても、健康でないと始まりません。健康経営は人材の大元になるテーマであり、インバウンドとともに新たな産業創出にも成り得るものだと捉えています」

そう語るのは蒲郡商工会議所会頭の小池高弘さん。蒲郡市は愛知県でも指折りの観光都市で、竹島という景勝地あり、4つの温泉街あり、3つの魚市場ありと「海のまち」として有名だ。近年はマリンリゾート「ラグーナテンボス」が人気を博し、観光客は増加傾向にある。

「年間約70万人の宿泊客が訪れていますが、一方で労働者人口は減少しています。それを食い止めるべく17年から『癒しとアンチエイジングの郷﹄として、蒲郡市のブランド化を推進しています」

蒲郡商工会議所と地域企業が中心となり、51団体が連携して衣食住に医療を加えた新たな産業創出に尽力してきた。観光、先端技術、繊維、食品の4分野すべてに健康をテーマとした新ブランドの創出を狙い、特に観光と絡めた健康サービス産業に独自性を打ち出せるのではないかと期待している。

「健康宣言企業」100社を目指す

市民の間でも観光を盛り上げようという気運があり、蒲郡観光交流おもてなしコンシェルジュという検定試験合格者が1000人を超えた。『みかわdeオンパク』という市外の施設も取り込んだ90の観光プログラムのうち、ヘルス・ビューティーをテーマにしたものも好評だという。

また、働く人の健康づくり促進に向け、商工会議所も積極的に動いている。健康に関するパンフレットの作成、健康デザインセミナーの開催、蒲郡市と協会けんぽ愛知支部と連携した健康宣言の勧奨などに加え、会報などで商工会議所自らの健康経営の取り組みも公開している。

「現在、健康宣言した会員企業は40社です。より啓蒙活動に力を入れ、健康宣言企業100社を目指します」と商工会議所は抱負を語る。

健康経営の企業が増え、健康を求めて蒲郡へ多くの人が訪れる。その流れは今、着々と進んでいる。

次の記事

テーマ別企業事例 〇〇産がブランドになる 「産地名」にこだわるものづくり

ガチャマンラボ株式会社/喜多ハウジング株式会社/株式会社イムラ/岐阜商工会議所

ブランド野菜やブランド肉など農業の分野では当たり前になった感のある地域ブランドだが、ものづくりの分野では地域や産地名を前面に出している企...

前の記事

テーマ別企業事例 大繁盛店には理由がある 新発想で売る 今どきの小売店

株式会社門間箪笥店/株式会社やます/株式会社大津屋/株式会社たねや

大型ショッピングモールや全国チェーン店に負けずに地域で独自の地位を築いている小売店がある。なぜ人が集まるのか? 何を売っているのか? な...

関連記事

テーマ別企業事例 コロナ禍の逆境に負けない “地域限定”飲食チェーン奮闘中! 無料会員限定

株式会社サザコーヒー/株式会社ウエストフードプランニング

コロナ禍により飲食業界は深刻な打撃を受けている。その一方で、地域に根差した十数店舗の小規模な飲食チェーンの中には、大手チェーンとは違った...

テーマ別企業事例 ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた戦略 観光NEXTの仕掛け人 無料会員限定

株式会社やまとごころ/バリューマネジメント株式会社

コロナ禍の影響が最も大きい業種の一つが観光業だ。政府の観光支援策「Go Toトラベル」の再開も待たれるが、その先を見据えた観光戦略の見直しも必...

テーマ別企業事例 ウィズコロナのビジネス戦略 今だからこそネット販売で稼ぐ

株式会社鬼丸/株式会社香蘭社

コロナ禍により、ビジネスの世界でも非接触、非対面などいわゆるニューノーマルが定着してきた。そこで、注目されているのがオンラインによるネッ...