日商 Assist Biz

更新

元気が出る中小企業経営 本人の意思を尊重する過ごし方をサポート ~通うのが楽しくなるデイサービスセンター~

33歳とまだ若い濱田社長は、「経営理念でもある“結ばれる心”をこれからも大切にしたい」と抱負を語る

今号は、後発参入ながら独自の高齢者向けサービスで支持を集めている事例をご紹介します。

家族を預けたくなる施設をつくりたい

鹿児島県霧島市にユニティという高齢者向けのデイサービス(通所介護)を行う企業があります。社長の濱田桂太朗さんは、祖父の介護のため近隣のデイサービス施設を見学したとき、皆で童謡を歌うなど、幼稚園のような雰囲気にショックを受けました。「経営者だった祖父はこのようなサービスは受けたくないはず」と独自の施設を立ち上げるべく、創業を決意したのです。

作業療法士だった濱田社長は「自分の祖父母を預けたくなる場所にしたい」と、県内の在宅介護施設に5年ほど勤務してノウハウを習得。そして平成22年8月に「リハシップあい国分」をオープンしました。

お仕着せでなく、「利用者自らの意思で過ごし方を決める」ことができるサービスを濱田社長は意識しました。その一つとして、施設内で使える通貨「シップ」を導入。これは、運動やリハビリで〝稼ぎ〟、喫茶コーナーでの飲み物の注文、カラオケの利用、イベントへの参加などで〝使う〟ことができるお金です。カラオケの利用料はあえて高めに設定し、他の利用者に声を掛けてグループで利用してもらうよう、考慮しています。

また、所内で働いてシップを〝稼ぐ〟仕組みも取り入れました。「利用者本人の経験や得意分野を生かす」ことで、やりがいが生まれ、身体機能などの改善にも高い効果があるそうです。裁縫が得意な女性は所内で使う雑巾をつくり、国語の教師だった人は、講師となって短歌を教えるなどしています。利用者は自由に〝稼ぐ・使う〟の経済活動を行えることから、張り合いのある充実した時間を過ごせるのです。

こうした独自の取り組みが奏功し、利用希望者が急増。今春には市内に3つ目の施設をオープンする予定です。

誰もが生き生きする場所に

利用者が亡くなった際、葬儀の遺影にはこの施設での様子を写した写真が使われることが多いそうです。ご遺族に理由を伺うと「ここに通っているときの表情が一番生き生きしていたから」とのこと。濱田社長の祖父は彼の施設を利用することはかないませんでしたが、創業への思いは結実したと言えましょう。 「自社の製品やサービスを家族に使わせたい」という視点は、従来にはない新たな魅力や強みを生む大切な要素だということを、この事例は教えてくれます。

坂本 篤彦(さかもと・あつひこ) 昭和39年東京都生まれ。平成3年東京商工会議所に入所。退職後にビジネス・コア・コンサルティングを設立し、代表に就任。創業・ベンチャーの事業展開支援など、実践型のコンサルティングを行っている。また、中小企業大学校で教壇に立つ傍ら、北は北海道から南は沖縄まで、年間約200回の講演・セミナーを精力的にこなす。

次の記事

元気が出る中小企業経営 “大人の隠れ家”を実現 ~脱サラから第二の人生へ~

埼玉県さいたま市に、脱サラし開業した飲食店があります。店主の平野文彦さんは、大手電機メーカーに勤務していました。国内出張も多く、さまざま...

関連記事

元気が出る中小企業経営 “飲めるみりん”でファンを獲得~たゆまぬ魅力づくりで商機をつかむ~

千葉県流山市にかごや商店という酒類・食料品の小売店があります。創業は昭和16年、背負う籠の製造販売を行っていたことが店名の由来です。旧流山...

元気が出る中小企業経営 “アパレル販売は天職!”の思いを実現~大人の女性のおしゃれアドバイザー~

後藤加奈子さんは2年前の講座に参加されました。20年にわたってアパレル販売に従事し、セレクトショップの店長などを務めてきましたが、苦労の連続...

元気が出る中小企業経営 “開発型メーカーになる!” との思いを実現~後継社長の一念が会社を変える!~

今号は、後継社長のリーダーシップにより、ニッチな業界の中で独自の存在価値を発揮している事例をご紹介します。兵庫県小野市に神戸合成という自...