テーマ別企業事例 震災から5年。本格復興への挑戦

事例4 遊休機械を活用して津波で失った修理工場を再建

ファクトリーシリウス(宮城県石巻市)

宮城県石巻市にある自動車修理工場「ファクトリーシリウス」。創業して1年半、ようやく経営が軌道に乗り始めた頃だったが、東日本大震災によって発生した津波に一瞬で工場も機械ものみ込まれて消えてしまった。なんとか2カ月後に再起したものの、業務に必要な機械を買う余裕は無い。そんな手詰まりの状況を救ったのは「遊休機械無償マッチング支援プロジェクト」だった。

山内淳さんは贈られた機械を使って「架装事業にも力を入れたい」と言う

泥の中から掘り出した工具とトラック1台で事業を再開

山内淳さんは、平成21年11月、石巻市の旧北上川河口近くで念願だった自動車修理・板金・塗装を主な業務とする修理工場ファクトリーシリウスをオープンさせた。その後、従業員も一人雇い、これからという23年3月11日、東日本大震災が襲った。

「あの日、従業員は仙台に出ていたので工場にいたのは私一人でした。津波警報が発令されたのでトラックで高台に避難しました。山の上から、津波に自分の工場や預かった車がのみ込まれていく様子をなすすべもなく見ていました」

心が折れる光景である。しかし山内さんは負けなかった。

「私も家族も従業員も、とにかく命は助かった。だからこそ、ここで負けてはいけない、負けるわけにはいかないと心に決めました」

被災から2カ月後の5月には再建に向けて動き出した。浸水の被害を免れた自宅を拠点にして出張修理を始めたのだ。

「工場の跡地で使えるものを探したのですが、機械類は全て壊れていて、故障診断機も使えなかった。創業に合わせてそろえた機械類を失ったことは痛かったけれど、工具類は泥の中から掘り出すことができた。トラックにこれらの工具類を積んで、お客さまの電話があると、すぐに修理へ向かいました」

当時、最も多かった依頼はパンクの修理。津波が引いた道路上にはがれきや釘などが残っていたため、タイヤが頻繁にパンクしたのだ。「修理に向かう途中で自分のトラックがパンクすることも何度もありました。それくらい道路の状態は悪かったのです。そんな中でも石巻では生活を再建するために自動車を必要とする人は少なくありません。しばらくすると、車が使えなくなったり、流されたりしてしまったお客さまから中古車が欲しいという相談を受けるようになりました。そこで、すぐに中古車の売買に必要な古物商の免許などを取り、依頼を受けた車を探す仕事も始めました。古物商の免許を取得したことで下取りや買取業務ができるようになり事業の幅が広がりました」

プロジェクトを活用して本格的に業務を開始

徐々に仕事が増えて先が見えてきたことから、父親が市内に保有していた土地を借りて、修理工場を再建することにした。ただ建物を建てたり、新たな機械を導入したりする余裕はない。書類の作成や在庫品の管理するために使うプレハブの事務所を用意するのが精いっぱいだった。

「そんなとき、商工会議所が『遊休機械無償マッチング支援プロジェクト』を行っていることを人づてに聞きました。早速必要になる油圧プレス機や半自動溶接機などを申し込みました」

仙台商工会議所の震災対応相談員(機械の目利き人)が「被災地支援機械情報データベース」の要望機械情報と提供機械情報からマッチング候補を厳選。24年12月7日、石巻商工会議所で定盤、電気ドリル、グラインダー、半自動溶接機、ボール盤、油圧プレスなど8台が引き渡された。これにより、基本的な修理はできるようになった。しかし、当時はまだ天井のない〝青空工場〟で作業していたため、受け取った機械はコンテナに仮置きしていた。

そして26年4月、工場の建物が完成する。ついに提供された機械が据え付けられてファクトリーシリウスの業務も本格的に動き出した。

「その後も合わせて6回ほど無償提供していただきました。そのおかげで、ここから先は自分の力でやっていけるという見通しを持つことができました。何よりもうれしかったことは機械がそろったことで『あそこへ行けばすぐに修理してくれる』という口コミが広がって、お客さまが増えたことです。運送会社のお客さまが推薦してくれたようで、個人のお客さまだけでなくトラックのディーラーさんからも外注の仕事が来るようになりました」

仕事はできる限り断らず、すぐに直せるものは即座に直す。震災直後から決して諦めずに業務を続けていたそんな山内さんの熱心な姿勢が評価されたのだ。

「今後は修理だけでなく、トラックの作業効率を高める架装にも力を入れていきたい。例えば漁師さんのトラックならさびないようにバンパー類をステンレスでつくるとか、使いやすくて長持ちするような改善作業をしていきたいですね」と山内さんは目を輝かせる。実は山内さんは車体に絵を描くエアブラシの達人でもある。被災地を走り回った同社の修理トラックの荷台には、出版社の許可を得てアニメの絵がエアブラシで描かれている。それがどれほど子どもたちを喜ばせたことだろうか。

これからは実用的な架装だけでなく、車に乗ることが楽しくなる架装もしたいと山内さんの夢は広がる。また「修理技術を学びたいという後輩たちを育てたい」という願いもある。山内さんは「機械を提供してくれた皆さまのためにも自らの夢をかなえたい」と笑顔を見せてくれた。

会社データ

社名:ファクトリーシリウス

住所:宮城県石巻市門脇字捨喰48-1

電話:0225-95-0208

代表者:山内淳 代表

従業員:2人

※月刊石垣2016年3月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

テーマ別企業事例 成功のカギは人材育成にあり

株式会社山岸製作所/株式会社沢田商店

長い時間をかけて育ててきた確かな技術力や事業を時代の要求に合わせて、巧みに変貌させ、新分野へ進出。業績を伸ばしている企業がある。今号は時...

前の記事

テーマ別企業事例 北海道新幹線開通直前! 深化する「青・函」連携

函館商工会議所/北海道商工会議所連合会/株式会社中合 棒二森屋店/青森県商工会議所連合会/株式会社はとや製菓/津軽鉄道

3月26日、北海道新幹線新青森・新函館北斗間が開業する。これで新青森・新函館北斗間は最速1時間1分、東京・新函館北斗間は最速4時間2分で結ばれる...

関連記事

テーマ別企業事例 「パートナーシップ構築宣言」第2弾 大企業と中小企業の 共存共栄へ 無料会員限定

官民挙げて取り組みを進めている「パートナーシップ構築宣言」の登録企業数が4000社を超え、ここへ来て急増している。今や「大企業と中小企業の新...

テーマ別企業事例 「パートナーシップ構築宣言」第2弾 大企業と中小企業の共存共栄へ 村田製作所 無料会員限定

京都府長岡京市

日本を代表する総合電子部品メーカーの村田製作所は、2021年2月に「パートナーシップ構築宣言」を公表した。自社の経営方針と親和性の高い構築宣言...

テーマ別企業事例 「パートナーシップ構築宣言」第2弾 大企業と中小企業の共存共栄へ 伊藤鉄工 無料会員限定

埼玉県川口市

古くから鋳造(ちゅうぞう)業が盛んで「キューポラのまち」として知られる埼玉県川口市で、伊藤鉄工は建築用の鋳物(いもの)製品をメインに製造・販...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする