自慢の逸品 年末特集

各地商工会議所を通じて集まった逸品を、週替わりで東京・秋葉原の食のテーマパーク「日本百貨店しょくひんかん」で販売する「地域うまいもんマルシェ」が好評開催中だ。本紙では、毎号1地域ごとに店舗で販売された人気の「こだわりの逸品」を紹介しているが、今回は年末特集として6地域を一挙に紹介する。

田中酒造取締役の嵐代志子さん(右)、同所の柏木信博さん

未利用果実をブランドに

小樽商工会議所 北海道

小樽商工会議所は、特産品のニシンを加工した「にしん小樽漬」シリーズと、小樽周辺・後志(しりべし)地域産の果物などを使ったブランド「小樽美人」のリキュールやスイーツを出品した。

にしん小樽漬は出品した6社がそれぞれ具材、味付けにこだわって仕上げた酒の肴やご飯のお供におすすめの逸品。一方、小樽美人は同所などが平成25年から取り組む未利用果実を活用した新製品開発プロジェクトから誕生したブランドだ。

同地域はプルーン、ブルーベリー、アロニアなどさまざまな果物が収穫されているが、活用されていないものも多かったという。最初に開発したのは梅酒(田中酒造)。余市・仁木町産の果実を100%使用し、アンチエイジング効果があるといわれるアロニア果汁、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCを配合した。女性の目線で開発したこの梅酒が人気となり、続けてプルーン酒なども開発した。

今回は、新製品のアロニア酒などリキュール5種類と、いずれも地域の果実を使った洋菓子「カタラーナ」(オステリア・イル・ぴあっと・ヌォーボ)、「蒸しどら」(新倉屋)、「和クレープ」(六美)、「生どら焼」(菓匠小樽松月堂)などを販売した。

同所は「地元で愛され、そしておいしくなければ地域ブランドとして定着しない。今後も質の高いものを開発し、認知度向上を図りたい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

自慢の逸品 特産品の加工に独自の工夫

生たけのこピクルス/スモークドオイスターオイル漬け/純米酒/小吹たけのこ/White/Wine/FUKUBEE

歴史あるまち並みが残り、「安芸の小京都」ともいわれる竹原市。名酒やタケノコ、ブドウ、塩など特産品は多い。今回、竹原商工会議所は、朝採りし...

前の記事

自慢の逸品 浜松 地域ブランドをPR 売り場づくりにも趣向凝らす

三ケ日みかんドレッシング/うなぎの刺し身/浜名湖そだち/ギョーザ/浜名湖おでん/ちょびっと乾杯

浜松商工会議所は、特産品の三ケ日みかんを使ったドレッシングや珍しいうなぎの刺身、名物のギョーザなどを出品した。三ケ日みかんドレッシング(お...

関連記事

自慢の逸品 甲府 ギフトコンテスト受賞商品PR 炊き込みご飯の素や菓子が集合

ほぐし飯の素/富士桜ポークのスペアリブ/甲州地鶏の骨付き手羽/地酒バウム/大吟醸粕てら/スモクシ/富士の介/おからっきー/がらがら/ゴジラシャインマスカットサイダー

甲府商工会議所は、山梨県の優れたギフト商品を決定する「やまなしギフトコンテスト2021」(やまなしブランドみやげ品協会主催)食品部門の受賞商...

自慢の逸品 坂出 名物・讃岐うどん前面に 新製品の「骨付鳥」もPR

骨付鳥/ぶっかけうどん/薫る骨付鳥/お魚でつくった燻製!フィッシュナゲット/ゆたかあじ

坂出商工会議所は、名物の讃岐うどんやだし、ご当地グルメの「骨付鳥」などを出品した。讃岐うどんは、坂出市の名店・日の出製麺所の「ぶっかけう...

自慢の逸品 藤岡 有機米や人気店の洋菓子PR インド料理店のドレッシングも

日本酒入りパウンドケーキ/流輝/有機玄米さわぴかり

藤岡商工会議所は、地元で長く親しまれている和洋菓子店・成田屋と、家族で営む小さなインド料理店・パンジャブ、有機栽培にこだわる農園・上州百...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする