アジアの風〜ビジネスの先を読む〜

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 〝タピる〟若者が示すアジアのトレンドづくり

後藤康浩

台湾、中国本土は当然として、ベトナム、タイ、韓国、そして日本でもタピオカ・ドリンクが大ブームになっている。日本ではタピオカ・ドリンクを飲...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 ネットに押されぬアジアのリアル書店

後藤康浩

日本や米欧など先進国では、リアル店舗の書店(リアル書店)が厳しい逆風にさらされている。言うまでもなく、米アマゾンをはじめとするネットでの...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 新潮流となるかベトナムの自動車産業

後藤康浩

世界の自動車産業が転換期にさしかかった気配がある。昨年の世界の自動車販売台数は2009年以来の前年比マイナスになり、今年も前年割れの可能性が...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 アジアの宇宙開発ブーム

後藤康浩

アジアで宇宙開発ブームが起きている。先頭を走るのは中国で、今年1月、史上初となる月の裏側への無人月面探査機「嫦娥4号」の着陸に成功した。中...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 米中対立により迫られるアジア製造業の大転換

後藤康浩

米中経済戦争は、ついに両国がお互いの輸入品の大半に25%の追加関税を課す段階までエスカレートした。両国首脳が突然、和解する可能性はあるが、...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 加熱する人材獲得競争

後藤康浩

昨年12月に改正出入国管理法が成立し、主にアジアからの労働力を受け入れる体制整備が進んだ。今回の改正では建設、介護、漁業、農業、宿泊など14...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 輸送インフラとしてのバイクの行方

後藤康浩

ベトナムの大都市の道路といえば、雲霞のごときバイクの印象が強いが、その大群にも変化が起きている。昨秋あたりから目立っているのは「緑vs赤」...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 進化する アジアの小売業

後藤康浩

昨年11月にタイのバンコクにオープンしたショッピングモール、「アイコンサイアム(ICONSIAM)」が現地だけでなく、アジア各国で話題になっている...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 自販機にみるアジアの新潮流

後藤康浩

街角で自動販売機(自販機)を最もよく見かける国といえば間違いなく日本である。日本自動販売システム機械工業会によると、2017年12月末時点で日...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 消費の指標はクリスマス

後藤康浩

年明けにクリスマスの話をするのは時候をわきまえないことではあるが、お許しいただきたい。昨年12月にバンコク(タイ)、ヤンゴン(ミャンマー)...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 アジアで台頭するeスポーツ

後藤康浩

「eスポーツ」という単語を見聞きする機会が急に増えてきた。eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic ・sports)」の略称。パソコ...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 中国Eコマースの今後

後藤康浩

8月下旬、縁あって中国のEコマース第2位の京東(ジンドン)(JD.com)の本社や物流センターを訪ねた。北京市南部の新しい経済開発区にある本社は2万...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 米中貿易戦争で変わるアジア生産

後藤康浩

トランプ大統領が、今年3月に戦端を開いた米中貿易戦争は、米中両国首脳が妥協点を探りながらブラフを繰り出す心理戦にとどまると思いきや、双方が...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 インド市場の売れ筋の変化

後藤康浩

今から10年前、インドのタタ・モーターズが発表した「ナノ」という小型車のことを読者の皆さんは覚えているだろうか?10万ルピー(当時の為替レー...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 コーヒーチェーンの新しい波

後藤康浩

中国で今、急成長しているコーヒーチェーンがある。それは「Luckin Coffee」。深圳(しんせん)、広州、上海、北京と中国のトレンド発信地から攻略し...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 政治の安定は成長の礎

後藤康浩

マレーシアで1957年の独立以来、初めての政権交代が起きた。それだけで驚きのニュースだが、万年与党を破った野党の新首相が1981年から2003年まで...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 広がる『グローサラント』

後藤康浩

自宅で調理するのではなく、総菜をレストランや屋台で買って持ち帰り、家族で食卓を囲む「中食」文化はアジア、とりわけタイやベトナムなどの東南...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 農業と生鮮流通のデジタル化に、日本企業のチャンスあり

後藤康浩

この連載の昨年12月号で、中国の小売り業界で起きているイノベーションをご紹介した。それからまだ4カ月もたっていないが、中国ではさらに進化が起...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 バイク王国アジアに電動化の波

後藤康浩

昨年は世界的に電気自動車(EV)が大きな話題になり、今年初めのコンシューマー向けエレクトロニクスショー「CES2018」も家電やIT機器よりも自動運...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 成長曲線からみる自動車市場

後藤康浩

昨年のインドの自動車販売台数が400万台を突破し、ドイツを抜いて世界第4位に浮上した。中国、米国、日本に次ぐポジションである。13億人という人...