日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ

日本YEG

日本YEGでは平成26年度から毎年、会長が全国のYEGを訪問する事業を実施している。直接膝を突き合わせ議論を重ねることで、共通の課題の解決策を探る。岡村寅嗣平成28年度日本YE…

日本YEG

日本YEGは全国各地のYEG単会会長、次年度会長、YEG事務局担当者などを対象に「全国会長研修会」を開催。 地域経済を担うリーダーとしての資質向上を図るとともに、各地が直面…

日本YEG

日本YEGと全国9ブロックYEGが主催するブロック大会が今年度も盛大に開催された。開催地ならではのさまざまな挑戦が行われ、大きな成果をあげた。8月2日の東海ブロック(岡崎市…

日本YEG

不特定多数の人からインターネットを通じて資金を集め事業化するクラウドファンディングが注目されている。この仕組みを活用し、感動できる新しいビジネスを地域から創造するYE…

日本YEG

日本YEG交流委員会が、海外でのビジネスチャンスの創出を目的に、カンボジアでの交流事業を実施。YEGならではの組織力・信頼感、つながりを生かした事業を通じ、メンバーの事業…

春日井YEG

少子化対策や地域活性化を目的に、商工会議所やYEGが中心となった婚活事業が全国各地で実施されている。婚活事業の成否で気になるのは、やはりカップル成立率。開催当初より驚…

日本YEG

ポイント・マイレージの年間発行額は、2020年度に1兆円を突破する(※注釈)と予測されている。拡大を続けるポイントカードの中でも高い地域流通率を誇る香川県の「めぐりん」。…

岡山県 岡山YEG

YEGに入ったのは、先輩から「とにかく入れ」と言われたのがきっかけです。何がなんだが分からなかったのですが、先に大親友が入って。それならば変な所ではないだろうと思って…

九州ブロックYEG

平成28年4月14日夜から熊本県熊本地方や阿蘇地方、大分県で起きた一連の地震における九州ブロック商工会議所青年部連合会(九州ブロックYEG)を中心とする支援活動を紹介する …

岐阜県 関YEG

地域の人口オーナスや地域経済の活力低下が問題視される中、YEGは創意と工夫、勇気と情熱でメンバーの増加に取り組んでいる。ナレッジマネジメントを活用し、5年間でメンバー数…

日本YEG

平成28年度の日本YEGが始動した。全国各地に411単会、45道府県連、9ブロック、3万人を超えるメンバーが在籍する(平成28年4月1日現在)「青年経済人の団体」として、資質の向上…

熊本県 荒尾YEG

荒尾商工会議所青年部では、荒尾市をPRするためのさまざまなグッズを作製している。第1弾は平成20年度、同市で開催した九州ブロック大会の記念品として製作した「石炭ストラッ…

長崎県 島原YEG

島原商工会議所青年部では本年度、長崎県で初めてジュニアエコノミーカレッジを開催した。平成12年に会津若松YEG(福島県)が考案した本事業は、今では全国に広まっている。小…

熊本県 人吉YEG

アジアの玄関口である九州地方では、東京オリンピック・パラリンピックを4年後に控える中、インバウンドの整備をさらに加速させる必要があります。私たちの地域には独特の伝統…

鹿児島県 鹿児島YEG

鹿児島商工会議所青年部は昨年27年7月31日~8月2日の3日間、鹿児島市において、西日本初となる「商工会議所青年部第13回全国サッカー大会鹿児島大会」を開催した。スポーツを通…

佐賀県 鳥栖YEG

鳥栖商工会議所青年部は昨年11月28日~12月27日までの約1カ月間、「ハートライトフェスタ2015」を開催。「育まれた鳥栖のために・未来に繋(つな)がる鳥栖のために」というコン…

岡山県 高梁YEG

高梁商工会議所青年部は12月3日、「高梁の未来を担う人材育成プロジェクト」をテーマに意見を交わした。同YEGでは、地域で深刻化する少子高齢化への対策として、地元で育ってい…

鳥取県 鳥取YEG

今年度の中国ブロックは、スローガンとして「強くあれYEG!熱くなれ中国ブロック!」を掲げています。各地域のYEG活動を通じて、メンバー同士の絆を強く、地域愛を強く、それぞ…

島根県 浜田YEG

浜田商工会議所青年部は11月3日、「第23回BB大鍋フェスティバル」を開催した。「BB(ビービー)」とは、同地域の幼い子が「魚」を指す時の方言。フェスティバルは平成3年から、浜…