日商 Assist Biz

更新

青島健太

浜口京子

今秋、日本医療科学大学(埼玉県入間郡)の学園祭で、女子レスリング・浜口京子選手と対談した。 そんな彼女と話し合ったテーマは、ずばり「強さを求めて」~若者よ、格闘せよ…

五郎丸歩

第8回ラグビーW杯は、日本の存在感が際立った大会だった。初戦で強豪・南アフリカを破り世界中を驚かせた。しかし、快進撃はそこで終わらなかった。スコットランドには跳ね返さ…

工藤公康

福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ史上最速、9月17日にリーグ優勝を決めた。本稿締め切りの前日である。ということは、おそらく過去のパ・リーグ優勝チームの中でも、本誌…

山﨑康晃

横浜DeNAベイスターズの山﨑康晃投手が、8月20日の東京ヤクルト戦で今シーズン32セーブ目を挙げ、新人の最多セーブ記録を更新した。それまでの記録は平成2年に中日の与田剛さん…

平野美宇 伊藤美誠

卓球界「期待の星」といえば、誰もがこの二人の名を挙げるだろう。平野美宇選手(写真左)と伊藤美誠選手(同右)。ともに中学生、14歳だ。彼女たちがすごいのは、期待の星どこ…

武藤嘉紀

FC東京からドイツ・ブンデスリーガ、マインツへの移籍を決断したサッカー日本代表・武藤嘉紀の選択が注目を浴びた。武藤選手をめぐっては、この春から欧州のビッグクラブが次々…

高木勇人

日本生命セ・パ交流戦の開催記者会見でのことだ。壇上に12球団(各1人)の選手が揃い、私が進行役で対戦したい選手や交流戦に向けての抱負を聞いた。最後には記者からの質疑応…

桐生祥秀

陸上競技、男子100メートルの話である。追い風参考記録ながら、日本の桐生祥秀選手(東洋大学)がとんでもない記録を打ち立てた。日本時間3月29日、アメリカ、テキサス州で行わ…

鈴木雄介

石川県能美市で開催された陸上全日本競歩能美大会(兼)世界選手権代表選考会(3月15日)。ここで偉大な記録が樹立された。ご当地出身の鈴木雄介選手が、これまでの記録を26秒…

松坂大輔

久しぶりの日本球界は、心地の良い戦いの場となるのか? あるいはさらなるいばらの道となるのか? メジャーリーグから復帰した松坂大輔投手(福岡ソフトバンクホークス)の動向…

白鵬

大相撲初場所。横綱・白鵬が昭和の大横綱・大鵬を超える33回目の優勝を15戦全勝で飾った。これで白鵬の優勝回数は歴代1位となり、今後はどこまでその記録を伸ばすかに注目が集…

羽生結弦

2015年、フィギュアスケートソチ五輪金メダリスト羽生結弦選手は、さらに大きくなって世界中のファンを魅了することになるだろう。 アクシデントが彼を襲ったのは、去年11月上…

岩崎恭子

大阪府松原市で行われたシンポジウムで、あの岩崎恭子さんとご一緒した。1992年バルセロナ五輪、競泳女子200M平泳ぎ。史上最年少、わずか14歳で金メダルに輝いた岩崎さんは、レ…

稲葉篤紀

今シーズン限りでの引退を表明した北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手に若手のホープ中島卓也選手とクリーンアップを打つ陽岱鋼選手が、試合中にもかかわらずバットを持…

錦織圭

テニスの四大大会である先の全米オープンで、錦織圭選手は優勝こそ逃したものの、抜群のスタミナと集中力で世界中に旋風を吹かせた。錦織選手躍進の秘密にはメンタルの強さがあ…

木村沙織

女子バレーボールの日本代表が、革命的な戦術に取り組んでいる。その名も「ハイブリッド6」だ。それぞれタイプの異なるものを混成するという意味を持つハイブリッド。「ハイブ…

柳田悠岐

甲子園球場で行われたプロ野球、マツダオールスターゲーム第2戦(7月19日)。北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が、1回から日本人投手最速の時速162キロをマークしたこ…

日本 スポーツ文化

サッカーW杯ブラジル大会でも日本から来たサポーターが、同様の行為で世界中の賞賛を得た。試合を観戦したサポーターが、スタンドに散らかったゴミをきれいに掃除して帰ったか…

パ・リーグ セ・リーグ

パ・リーグは、セ・リーグよりも強い。そう言いたくなるプロ野球の日本生命セ・パ交流戦2014が今年も始まった(6月下旬まで)。2005年にスタートした交流戦だが、成績では圧倒…

シャビエル・エルナンデス

「シャビ」ことシャビエル・エルナンデスの身長は170㎝。日本人と変わらない。それでも世界中のサッカーファンが認めるゲームメーカーだ。このシャビの何がすごいのか。その理…