日商 Assist Biz

更新

笹井清範

倶知安町にある和洋菓子店「お菓子のふじい」 黄色いオーブンから生まれたキャラクター「オーブンちゃん」

「ブランド? うちみたいなところには関係ない」取材の現場で商業者から、こんな言葉を聞くことがある。この場合の「うち」とは「小さな会社」という意味であることが多い。し…

誰でも一日の相当の時間を共に過ごす枕に特化して急成長している会社がある。その名も「まくら株式会社」

誰でも一日の相当の時間を共に過ごす枕に特化して急成長している会社がある。その名も「まくら株式会社」。創業のきっかけは、社長の河元智行さんが枕選びに悩んだことだった。…

昨年はTPPの大筋合意や訪日外国人客の増加など明るい話題もあった。こうした中、識者は2016年をどう見ているのか。信州大学経済学部教授の真壁昭夫氏に「日本経済」を、月刊『…

地域に根ざす家具店 SHS(スウィート・ホーム・ストア)

商業統計によると、日本の小売業事業所数のピークは1982年の172万。最新となる2014年調査では78万に減少、なんと32年間で94万の事業所が消えたことになる。その内情は、チェー…

遠州男唄 たんと/JACKカンパニー

総合スーパーの低迷が止まらない。ユニーが約230店舗中最大50店舗の閉鎖を検討し、セブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂も約180店舗中40店舗を閉鎖するとい…

人にフォーカスしたチラシが驚異の売り上げをつくった

チラシがかつてより効かなくなったといわれることがある。確かに新聞購読率の低下により、かつてよりチラシを目にする人は少なくなった。しかし、そのこととチラシが効かなくな…

博多ラーメンばんび

テレビ、新聞、雑誌などのマスメディア広告の効果がかつてほど大きくなくなったという声が聞かれる一方、インターネットによる情報発信量はすさまじい勢いで増えている。「エリ…

栃木県鹿沼市の生花販売店「いわい生花」/クリーニング店「サンドライ」

売り上げはすべてを癒やす──ダイエー創業者・中内㓛氏の発言として知られるが、最近では、利益を度外視した質の悪い売り上げ至上主義を象徴する言葉として否定的に使われること…

1926年創業のスーパーマーケット「ナゲットマーケット」

人口減少社会を迎え、いかに人材を確保するかが企業活動の生命線といわれる中、中小規模の商工業の人手不足は深刻だ。とりわけ労働集約型産業である小売業・飲食業では、人材不…

神奈川県大和市の美容室「ガナーズ ヘアードレッシング」

マーケティングの4要素といえば、アメリカのマーケティング学者、エドモンド・マッカーシーが1960年に提唱した「4P」があまりに有名だ。プレイス(立地)、プロモーション(販促)…

中華料理店「開華亭」

情報のあるところに人は集い、そこににぎわいや経済の交流が生まれることは世の習い。そして、ソーシャルメディア全盛の今日、小さく狭くとも、濃くて深い情報を人は求めている…

広島県庄原市東城町にある書店「ウィー東城店」

まちから書店が消えている。出版科学研究所の調べによると、2014年の書籍売り上げは、ピークだった1996年と比較すると約31%減少の7544億円。書店数は1万3943店と、2002年に2万…

食品製造小売業「サンクゼール」

安さや値引きばかりを訴求する店には、そうした価格を目当てにするお客のみが集まる。他店の方が安ければ、そうしたお客はすぐに離れていく。安さを追求する商いには資本力や企…

岡山表町商店街

昨年12月、日本最大の小売業グループ、イオンが岡山に西日本最大級のショッピングセンター(SC)を開業した。従来の郊外立地ではなく駅前・中心市街地への出店であったため、そ…

衣料品「しんち屋」/アロマトリートメントサロン「あいのわ」

商店街の店の店主や店員が講師となって、その知識や経験を地域の消費者に向けて無料講座として披露する「得する街のゼミナール」、通称「まちゼミ」が全国へ急速に広がっている…

メーカーズシャツ鎌倉/旭酒造から生まれた純米大吟醸「獺祭(だっさい)」

質には限界はない 市価1万5000円はする高品質なドレスシャツ(ワイシャツ)を5000円均一で提供し、多くのアパレル経営者からも愛用されるメーカーズシャツ鎌倉。1993年に夫婦二…

「得する街のゼミナール」

日本におけるインターネット通販の普及から十数年。IT分野の市場調査会社、MM総研の推定によれば、その市場規模は16兆円に迫り、国内消費全体の5・6%を占めるという。さらに一般…

岩村田本町商店街

「正しい答えでなく、正しい問いが必要である」 経営学の巨人、ドラッカーが『創造する経営者』に記した一文は、正しい問題意識の設定こそ、解決に至る最も正しい道筋だと教え…

高松丸亀町商店街

持って15年、早ければ10年 年間1万3000人と、全国有数の視察者数を誇る香川県高松市の高松丸亀町商店街は、しばしば「奇跡の商店街」と言われる。「土地の所有と利用の分離」…

千客万来都市OSAKAプラン/宇治園

東京・秋葉原の電気街─中国人観光客を乗せたバスが列をなして乗り付け、競うように電子炊飯器をいくつも買い求めていく。「そんなに買ってどうするのですか?」と問うと、彼らは…